坂本公美展 -おおきくいきをする-

sakamoto_dm012016年12月6日(火)〜12月11日(日)
【A室】
植物は決まった環境で一生を過ごす。

植物はどんな環境であっても生きていくために、時に自分の形を変え、できる限り根を伸ばし、葉を増やす。生きるためのその行為は、単純明確であり、純粋な命の在り方として時に感動を与えてくれる。

命の存在が何処にあるのか明確な答えは分からないが、生きているか、死んでいるかは直感的に感じ取れる。植物を通して命の存在を感じ取り、感じたままを作品を通して伝えたい。

球根植物と多肉植物をモチーフに植物の命の在り方を表現している。


坂本公美
2014 東京造形大学美術学科彫刻専攻領域卒業
2016 東京造形大学大学院造形研究学科美術研究領域修了

展覧会
2011 プレ人間展・東京 下北アートスペースギャラリー
2013
人人人展 apgallery
Relation B-展 麻布十番ギャラリー
2014
ZOKE展 東京造形大学
東京美術大学連合卒業・修了制作展 国立新美術館
2015
坂本公美個展/JINENGALLERY(東京都・日本橋)
風景と人の繋がり/旧黒河病院(福島県・会津若松市)
Accumulatevol1/JINENGALLERY(東京都・日本橋)
2016
ZOKE展/東京造形大(東京都・八王子市)
東京都五美術大学連合卒業・修了制作展/国立新美術館(東京都・六本木)
ものいふ花展/FEI ART MUSEUM YOKOHAMA(神奈川県・横浜市)
第12回遊美工房特別企画展 PARTY/遊美工房(岡山県・倉敷市)