線-Line-展のお知らせ


Jinen’s Art Studio 2013年最初の展覧会は、
山本のり C7 湯淺満里子 宮尾茉穂子の4人による「線-Line-」展です。
作家それぞれが持つ「線-Line-」の魅力をご高覧ください。
【日時】2013年1月29日(火)~2月3日(日)
【時間】11:00~20:00(最終日18:00迄)
【会場】〒160-0015 東京都新宿区大京町12-9 2F ACT2
The Artcomplex Center of Tokyo
アートコンプレックスセンター東京 http://www.gallerycomplex.com/

作家プロフィール

山本 のり[Nori Yamamoto]

東京在住、 静岡県出身、東京の片隅でソロ活動中。 イラストレーション、グラフィック、エディトリアルなどデザインのお仕事をしながら 制作活動をしています。 国内、海外での展示にも参加させてもらっています。 デジタルイラストがメインですが、昨年からアナログ作品にも力を入れています。 どこか妖艶で色っぽく、ちょっとだけエロが出てくるような… そんな男子を描きたいと思ってます。

————————————————————–

C7[shiina]

黒インクとコーヒーを使用したペン画を主に制作。 夢と現が溶け合う時の不気味な違和感を描く。

————————————————————–

湯淺 満里子[MARIKO YUASA]

1979年、東京生まれ。 千葉県出身、東京都在住のイラストレーター兼、グラフィックデザイナー。 神話や童話などを題材にイラストを制作。 老若男女問わず、その人物の持つ色気の表現を目指す。 現在は主にWEB用のイラストやモバイル小説、医療系ムックなどの挿絵、 ダンスイベントのパンフレット、チケットなどの媒体一式やTシャツのデザイン、 新宿御苑にあるイタリアン「Pizzeria Bar Romana」での ディスプレイ用のイラストを手がけている。 その他、国内外のアートイベントや企画展にも積極的に参加。 最近では、少年・青年画エキシビションプロジェクト「Bel Homme」の一員としても活動。 また、神保町にある「居酒屋ギャラリー はるだんじ」にて既存作品を長期常設展示。 2月末に作品の入れ替えを予定しております。

————————————————————–

宮尾 茉穂子[Miyao Mahoko]

1990年3月3日東京生まれ。 幼少期より絵画教室に通い油彩を中心にデザイン画や立体作品など制作、1999年におこなわれたピカソ展を見た事をきっかけに、より美術の世界にふれて育つ。 2009年秋より画家(Artist)として制作・展示活動を始め、人の心理と感情そして哲学をテーマに制作。 モチーフに動物を選び`人でない生命体`の動物を`人間の思考`の表現のための入れ物として描くことで`人でない生命体`と`人間の思考`という違和感からテーマを感じてもらうための入り口、そして感情の具現化としての象徴として描いている。 見る人にARTの根本である`感じる`事そして`考える`事の出来る作品作りを心がけている。 2009年11月の初展示を始めとし、グループ展を4回開催(東京)。 企画展に18回参加(東京17回・名古屋1回)。 海外展6回参加(オーストラリア・イギリス・ケニア・タヒチ)。 現在に至る。