足立篤史 展 -白夜ノ見ル夢-

足立_dm2015年7月21日(火)〜8月2日(日)【A室】※7/27(月)は休廊

“1947年2月20日、アメリカ、ホワイトサンズ性能試験場から打ち上げられた1発のV2ロケット、そこに搭載されたのはライ麦・綿の種、そして『ミバエ』であった。
V2は高度64マイルに到達、高高度の放射線被曝の影響の調査であった。”

人類の宇宙開発史は多くの犠牲の上に成り立っていると言っても過言でない、第二次大戦での「ロケット兵器」としての誕生、それに続く戦後の核搭載弾道ミサイルの開発。

そして宇宙開発。

未知の空間への挑戦は前途多難であり、そのため多くの実験が行われた。

その時、”人”より早く、そして過酷な空間へ飛んだ生き物たちがいる

人類がまだ見ることのない、青白い成層圏を超え

名もなき多くの存在、記憶にはない記録の存在。

・Statement
“On February 20, 1947, it “was a kind of rye, the cotton and a fruit fly” United States, one V2 rocket launched from the white Suns proving ground, that was equipped there.
V2 arrived at an altitude of 64 miles and was an investigation into influence of the radiation exposure of the substratospheric altitude. “

The birth as “the rocket weapon” in World War II that is not exaggeration even if I say that the history of space development of the human makes ends meet on much sacrifice, the development of the postwar nuclear deployment ballistic missile to be followed by.

And it is space development.

The challenge to the unknown space was full of difficulties in the future, and therefore many experiments were conducted.

There are the creatures which it is earlier than “person” and flew to the severe space then

Across the pale stratosphere without the human still looking

The existence of the record few in nameless much existence, memory.

1988年 神奈川県横須賀市生まれ
2014年 東京造形大学美術学科彫刻専攻 卒業

【個展】
2013 ATSUSHI ADACHI EXHIBITION 改 KAI /麻布十番  Azabujuban Gallery
2014 記憶 Kioku / New York OUCHI GALLERY

【グループ展】
2010 via art 2010/銀座 シンワアートミュージアム
2011 The Six 2011/ラフォーレ原宿
2012  銀座三越ギャラリー/銀座三越
2013 GEISAI#18 Point Ranking受賞者展/中野 Hidari Zingaro
ART KAOSHIUNG / 台湾 高尾
Art Expo Malaysia 2013 / マレーシア
Affordable Art Fair Singapore/シンガポール
2014 第1回CAF賞入選者展/ 東京 TABLOID GALLERY
ZOKEI賞選抜作品展/ 東京造形大学附属美術館
Jinen’s Art Studio presents SHIFT展(The Artcomplex Center Tokyo/新宿)
2015 JINEN GALLERY OPENING EXHIBITION (JINEN GALLERY/日本橋)

【受賞歴】
2010  via art 2010 入選
2011 The Six 2011 入選
2013 GEISAI#18 Point Ranking 9位受賞
2014 東京造形大学卒業研究・卒業制作展 ZOKEI賞 受賞
第1回CAF賞 入選
2015 第18回 岡本太郎 現代芸術賞 入選